京都で、25年ぶりの再会と骨董市

朝から、天気が悪いです・・・

9月、どれだけ太陽の光を浴びることができたか・・・

 

25年ぶりに京都に行き、

25年ぶりに、東京時代の友人に会ってきました。

 

互いに歳をとりましたが、

友人、昔と変わらない酔い方でした・・・

 

高瀬川の側にある小さな居酒屋で飲んで、

祇園にある

ブルースバーに行きました。

 

久々、音楽に浸りながら、レッドアイを飲みました。

 

行く前に調べはしなかったのですが、

毎月21日に大きな骨董市がある、という情報を得たので、

10月にも行こうと思ったのですが、

ホテル、取れないです・・・

 

11月も厳しい・・・

 

ゲストハウスや、カプセルホテルはまだ取れますが、

苦手なので、年内の骨董市には行けないかも・・・

 

 

 

 

アンティーク シルバー

 

画像は、美しい彫刻が施された純銀925のスプーンです。

●原産国、産地名:イギリス LONDON
●ホールマーク:1896年
●工房名、マーク: FH (Francis Higgins III)

 

今から、120年前に作られています。

 

今、気になるスプーンがあり、

1600年代、400年くらい前のスプーンなのですが、

結構な価格なので、

かなり、悩みます・・・

 

購入できたなら、400年前の貴族の生活を想像しながら、

使ってみたいです。

 

 

 

 

 

8月以降の出来事、京都、熊本、イギリス・・・

毎日、暑い、暑いと、つぶやきながら、生活しています。

 

体力も気力も奪われてしまいます。

 

4月から新たなスタートを切って、

 

あっという間に、4ヶ月が過ぎました。

 

 

この間、東京に行き、大阪に行き、

 

イギリスに行き・・・いえ、イギリスとかかわり続けています。

 

イギリスに行ってみたいけれど、12時間のフライトを考えると、

 

ネットでの取引で十分か、と思います。

 

 

現在、イギリスからは、アンティークを買い付けています。

 

さて、今月は同窓会の準備でバタバタし、

 

来月の頭には、25年ぶりに友人に会いに京都に行き、

 

中頃、熊本に行く予定です。

 

 

動ける時に、動いて、多くの友人に会おうと思います。

 

 

まずは、この暑さを乗り切ります。

 

 

 

 

 

コーヒーが冷めないうちに・・・京都にあった過去に戻れる喫茶店

もうすぐ梅雨明けでしょうか。

 

突き刺すような日差しの中、せみの鳴き声が聞こえます。

 

 

約30年振りに、

 

全く消息がつかめなかった六本木時代の友人と連絡が取れました。

 

30年前、携帯電話もない時代、

 

互いにニックネームで呼び合っていたから、FBでも検索しようがありませんでしたが・・・

 

一昨日、本名とは別のハンドルネームの方のFBで、

 

友人の友人から、偶然にも繋がりました。

 

奇跡というか、必然だったのか・・・

 

 

電話で話したのですが、

 

声、全く変わっていませんでした。

 

当時のままです。

 

今、京都で喫茶店のマスターをやっているということで、

 

京都に行きます。

 

 

過去に戻れる喫茶店・・・

 

 

30年間という長い時間に比べて、会える時間は、僅かですが、

 

 

過去に、戻りたいと思います。