導かれた出逢い・・・ バリの画家・MANIK氏との出逢い

出逢いは、2009年7月でした。

 

当時、バリの女性をモチーフにした作品を購入したいという計画があり、取引のあるギャラリーにもそのような絵画はあったのですが・・・残念ながら、「買いたい」、と強い衝撃を受けるほどの作品はありませんでした。

 

何軒かギャラリーを回っても結果は同じ。

価格重視であれば、そこそこ描かれている作品を購入すればいいのですが、購買欲を刺激する作品はなく、絵画の種類を増やすためにある程度妥協して、2点くらい買っておこうか、と、悩んでいました。

 

そんなある日、ウブドに住む友人の紹介で、最近ウブドに住み始めた日本人の画家さんを紹介してもらうことになり、彼の住む場所に向かう途中、バイクを運転する僕の目に飛び込んできたのが、1軒の高級そうなギャラリーの入り口に飾られていた絵画でした。

 

ギャラリーを覗いてみたい!
と、いう思いは、中尾彬氏によく似た画家さんとの会話中でも、消えることはありません。

 

帰りにもう一度、ギャラリーの前を通り過ぎる時、チラリ見しました。明らかに高そうな絵画ばかりおいているギャラリーだということは直感でわかりました。
覗くだけなら・・・
と、翌朝一番にギャラリーを訪れると、どの絵画もすばらしく、かなり敷居の高い印象は捨てることができません。

 

ギャラリーは立派で、おいてある絵画も同じように立派であり、
手持ちのお金で買うことができる作品はないだろう〜
と、思いながら、何点かある女性画を眺めるたびに、欲しいという思いは強くなるばかりで、
今まで見たバリの女性をモチーフにした絵画とは、レベルが違いすぎ、他のギャラリーで女性画を買う予定は完全に消えました。

 

「誰の作品?」
「マニック」
「この手の絵画を街のギャラリーで見てきたけれど、品質が違う、この人がオリジナルで、他は真似たんだね」
「これは、彼のオリジナル」

バリでは、売れ筋の作品があると、絵画を問わず、すぐにコピー(複画)されます。ウブドに向かう裏通りにあるギャラリーを見れば、同じような絵画のオンパレードです。

 

それなりに描かれているのですが、今回、改めて感じたことは、

オリジナルとコピーされた作品の差、コピーはオリジナルを超えることがない、ということです。
作品を眺めながら模写して描かれた作品と、画家の感性と腕で描かれた作品の差は歴然としています。

 

ギャラリーを一通り見て、他にもすばらしい作品、高価な作品もありましたが、頭の中はマニックの作品でいっぱいです。
まずは、値段を聞いてみました。 街のギャラリーで見た似たような絵画の数倍です。 けれど、作品の力でしょう&かなり気に入ったからでしょう、
この作品であれば、そのくらいだろう、と思いました。

 

バリ絵画 MANIK

 

 

明日に出直そうか、と思いつつも、売れたらどうしようという思いは捨てることができず、この道を通らなければ、この作品には出会っていない、日本人の画家さんを紹介してもらわなければ、この道を通ることもなく、この作品とは出会っていない、まさに、作品が僕を呼んだという思いで購入を決めました。

バリ絵画 MANIK

なかなか思うような作品に出会えず、悩んでいた僕をこの作品が呼んでくれたのだろう、と運命を感じました。

 

運命的な出逢い・・バリの画家 HELENとの出逢い

画家 HELEN

 

回り道・・・これも定められた運命だったのでしょうか。

 

以前、取り引きのあったギャラリーから紹介されていたHELENは、 本人ではなかった・・・ 話しをさかのぼります・・・。

 

HELENの描く絵画との出逢いは、取引のあるギャラリーのオーナーの紹介です・・・

いや、今後、取り引きをすることは難しくなったので、嘗て、取り引きのあったギャラリーのオーナーの紹介でした。

 

「モダンスタイルだけではなく、バリらしい作品、プンゴセカン・スタイルの絵画が欲しいのだけれど、誰かいない?」

と、メールしたところ、

「プンゴセカン・スタイルでお勧めできるのは、彼だけ」

と、添付された絵画の画像を見た瞬間、気に入りました。

 

他のサイトでも同じようなフクロウ絵画を見たことはあり、フクロウ絵画を取り扱いたい、と思っていたので、 即注文し、届いた絵画を見て、さらに感動しました。

優しいタッチ、美しい発色、愛らしい目、画家は女性に違いない、という思いから、

「HELENさん」 と、当初は紹介していたのですが、本人に会うまでは、聞かないでおこう〜と思っていました。

 

そして、ギャラリーのオーナーに紹介されたHELEN・・・ 実は、本人ではなく、そのギャラリー専属の画家だった・・・ ということが、HELENの絵画を買い付けるようになって2年以上過ぎた2011年5月に判明しました。

 

ギャラリーが画家本人を紹介してくれることは、逆に珍しいことで、 取り引きのあるギャラリーの中には、画家の名前すら秘密にするギャラリーもあります。

何故、HELEN本人に逢うことができたかというと、 2011年5月の渡バリに合わせ、2ヶ月前から絵画をオーダーしていたのですが、ギャラリーのオーナーとのメールのやりとりの中で、オーナーが思い違いをしていたらしく、 HELENの絵画を含む絵画40枚近くが全く描かれていなかったのです。

 

しかしながら、HELENの絵画を除く、ここ数回、オーダーした絵画の品質が落ちていたのは、事実で、 画家を指名してオーダーしていたのにもかかわらず、他の画家に描かせていたこともあり、キャンセルしたこともありました。

10ヶ月ぶりに訪れたギャラリーには、目新しい絵もなく、買い付けたい絵もなく、寂れていました。

HELENの絵画を買えなくなる可能性はあるが、もう、取り引きは難しいかも・・・
と、
ギャラリーを後にし、諦めていた翌々日、
偶然にも友人を交いして、HELENの絵画を取り扱っているギャラリーを紹介してもらい、 本人に逢ったとき、
ホント、驚きました。

「HELENじゃない・・・えっ? HELEN? あの時のHELENは?」

訳のわからない状態の僕を見て、笑うHELEN。
しばらくして、経緯を話し、それでも、納得のいかない様子を見かねてか、 身分証明書を見せてくれたHELEN。ホント、絵画同様、素晴らしい人柄でした。

バリ絵画 ヘレン

 

訪れたギャラリーには、HELENの兄弟が描いた可愛らしいフクロウ絵もありましたが、

個人的には、HELENのフクロウが 1番だと思っています。


絵画の品質が語るように、今後、さらに飛躍するに違いありません。

バリ絵画 ヘレン

 

余談ですが、2009年1月にアロマ美術館で開かれたプンゴセカン・スタイルの画家の作品を集めた展覧会があったようで、

そのパンフレットを見ると、HELENは出展していないようでしたが、彼の兄弟の作品がありました。

 

また、私がホテルで撮影したプルメリアの花の写真をモチーフにHELENに描いてもらった絵画が、

他の画家の名前で出展されていたことには、びっくりしましたが、

それはバリの常識?いいデザインの作品は、すぐにコピーされてしまうのです。

コピーされるほど、認められた、ということでしょうか・・・

邑南町の滝・七選

JUGEMテーマ:国内小旅行

 

邑南町には、国の指定記念物・名勝に指定された滝など、15箇所以上(まだあるとは思います)の滝がありますが、

その中から、「地元で2番目に町内の滝に詳しくなりつつある邑南町 非公認滝ナビゲーター?滝ハンター?」のわたくしが、自ら足を運び選んだ、「邑南の滝・七選」をご紹介します。

 

1 赤馬の滝

邑南町の布施地区にある高さ18m、幅5mの島根の名水「ふるさとの滝」のひとつに数えられる滝で、赤毛の牛の悲しい物語が言い伝えられている。

 

赤馬の滝

 

2 三滝

邑南町円の板にある三段の滝で、切り立った岩山の頂上に一間四方の御堂が建ち観音がここに安置されている。

 

三滝

 

3 大原と小河内の境にある滝

旧道沿いにある滝で、田所地区では最大落差15mの滝。

 

大原の滝

 

4 天蔵滝

邑南町井原地区にある滝で、落差は約20m。

 

天蔵滝

 

5 鬼の木戸

邑南町の中野にあり、夫婦岩とよばれる巨大な岩の下に造られた珍しい社がある。

 

鬼の木戸

 

6 青笹の滝

邑南町日貫の青笹にある観音滝、水量が多い時に、観音様が見えるらしい。こちらにも、岩の下に造られた珍しい社がある。

 

青笹の滝

 

7 蜘蛛居滝(雲井滝

邑南町日和にある滝で、落差80m(ただし三段の合計)は、町内一。一番上の滝は、落差10mくらい。

 

雲井滝

 

以上紹介した七つの滝については、それぞれ滝別にアクセス方法、駐車スペースなど、画像で紹介します。

 

これから邑南町のお宝スポットなどを随時紹介していきます♪